【FREDY&GLOSTER】HOUYHNHNM×GLOSTER -special contents Vol.1-
2021.09.15





5 RECOMMEND ITEMS by HOUYHNHNM


フイナムが選んだ5つの “ヒップ” なアイテム。




パンデミックが起こり、
世界中のひとたちの価値観を
一変させた新型コロナ。
これを機に、エッセンシャルなものに対する
需要が一気に高まりました。
そうした流れのなかで、感情を
動かす服をつくるべく、〈フレディ&グロスター〉が
リブランディングを敢行。
新たに生まれたコレクションから、
我々『フイナム』編集部が独断で選ぶ
“ヒップ” なアイテムを
撮り下ろしのビジュアルと共にご紹介します。




PICK UP ITEM 01:DOWN JACKET







  
DOWN JACKET_¥47,080(taxin)_GLOSTER×NANGA
ONLINE STORE
SWEAT_¥7,150(taxin)_GLOSTER
PANTS_¥9,900(taxin)_GLOSTER


  

まずはじめにピックアップしたのは
秋冬シーズンの注目株〈ナンガ〉とのコラボアイテム。
『フイナム』でもここ数年、取り上げない冬はないと
言っていいほど、たくさんの記事でこのブランドの
ダウンジャケットを紹介してきました。
〈ナンガ〉といえば、ブランドの代名詞ともいえる
防水透湿性に優れた生地「オーロラテックス®」でしょう。
そんな高機能素材を使いつつ、
こちらは胸元にマジックテープをあしらって
ミリタリー調にアレンジ。
カジュアルなのにどこか渋さも感じさせる
オトナな一着に仕上がっています。
ゆとりのあるシルエットや、オールブラックの見た目が、
近代ミリタリーを感じさせるところもニクい。
コーディネートは、フードジャケットの特徴を活かし、
ストリートライクに着こなしたいところ。
奇をてらわずに、インナーとパンツの色を揃え、
ダウンジャケットを活かした配色にすることで
カジュアルながら落ち着きのある雰囲気にまとめました。





PICK UP ITEM 02:M-65 PARKA & INNER DOWN WEAR






 


 

 


 



  
M-65 PARKA_¥18,480(taxin)_GLOSTER
ONLINE STORE
INNER DOWN WEAR_¥7,920(taxin)_GLOSTER×TAION
ONLINE STORE

INNER_¥4,950(taxin)_GLOSTER
SHIRTS_¥14,300(taxin)_GLOSTER
PANTS_¥8,580(taxin)_GLOSTER

  

続いてレコメンドしたいのが、こちらのM-65パーカ。
いつの時代も廃れないエバーグリーンな輝きを放つ名作です。
今シーズンもさまざまなブランドからリリースされていますが、
〈グロスター〉のオリジナルは一味違います。

ディテールはあえて無駄なアレンジを加えず、
ヴィンテージのそれを踏襲。しかしながら、
生地やシルエットをモダンにアレンジした
ところが魅力なんです。生地は秋口や
春先に羽織りやすい軽めのものを採用し、
サイズ感はやや大きめに。
だから見た目の重厚感とは裏腹に、
空気を含んだような着心地に仕上がっています。

そしてこのアイテムのもうひとつの特徴が、
〈タイオン〉のインナーダウンをライナー
としてつけられるところ。
800フィルパワーという高い保温力を持ちながら、
価格は手頃。
ミリタリー由来のヘチマキルティングなので、
コートとの相性も問題ありません。
寒い季節、このインナーダウンを使えば、
秋、冬、春と3シーズン、M-65パーカが着れます。
もちろんインナーダウンを単品使いすることもありです。




PICK UP ITEM 03:B.D. SHIRT







  
B.D.SHIRTS_¥7,590(taxin)_FREDYMAC
ONLINE STORE
INNER_¥3,960(taxin)_FREDYMAC
PANTS_¥7,920(taxin)_GLOSTER
  

アウターを続けて紹介してきたので、
お次は秋口に一枚でもサマになるシャツを。
一目見てオーバーサイズだと分かるこちらは
〈フレディ&グロスター〉のオリジナルレーベル
「フレディマック」のもの。
“SUNDAY TOOL WEAR” というコンセプトにあるように、
ワークウェアに使われるような
ハリがあって硬めの生地を選ぶことで、
大きめのシルエットを際立たせています。

デザインはB.D.シャツそのものですが、
アイテムの顔とも言える襟が
しっかりと存在感をアピール。
そんな基本の「き」が
きちんと守られているところに信頼感を覚えます。
さらに、胸ポケットに注目すると、
さり気なくペンが刺せる仕様に。
そういったディテールのこだわりも
「フレディマック」ならではといえそうです。

ピンクオレンジという大胆なカラーリングは、
街でもきっと目立つはず。
スポーティなトラックパンツを合わせて、
ラフに着こなしましょう。




PICK UP ITEM 04:SLEEPING SHIRT







  
SLEEPING SHIRT_¥7,920(taxin)_GLOSTER
ONLINE STORE
PANTS_¥8,910(taxin)_GLOSTER

  

ここ最近、マイペースに自分のスタイルを追求しているひとが
増えたように感じます。
それはファッションも同じ。気張っておしゃれをするよりも、
肩の力を抜いて、自分らしい距離感でファッションと
向き合うほうが “ヒップ” なのかもしれません。

そんないまの気分にフィットしそうなのが、
こちらのスリーピングシャツ。
ロシア軍のアイテムをモチーフにしつつ、
パジャマ由来だからシルエットはゆったりしています。
気になる生地の質感も肌触り滑らか。
ドレープもきれいに出るので、
スリーピングウェアとはいえ
上品な一枚に仕上がっています。

ジャージ素材でストレスフリーな穿き心地の
チェックパンツを合わせて、近所を散歩するのもいいし、
そのまま街へ出かけるのも全然アリ。
もしくは、ワイドなスラックスを合わせて、
大人っぽく着こなすのもよさそうです。




PICK UP ITEM 05:MOHAIR CARDIGAN







  
MOHAIR CARDIGAN_¥9,680(taxin)_GLOSTER
ONLINE STORE
PARKER_¥9,900(taxin)_GLOSTER
PANTS_¥9,900(taxin)_GLOSTER
WATCH CAP_¥3,520(taxin)_GLOSTER

  

「流行は繰り返す」とは、よく耳にする常套句ですが、
いま再び注目を集めるのがグランジファッションです。
その象徴といえるアイテムが、
ふわふわと毛足の長いモヘアで編まれたカーディガンでしょう。
実際ここ最近、古着も価格が高騰している模様。
だからこそ、きちんとしたクオリティでつくられていて、
値段も手頃な〈フレディ&グロスター〉の一着が気になります。

50年代のヴィンテージをモチーフに
大きなダイヤパターンをあしらったこちらは、
身幅は広めで形はノーマルなボックスシルエット。
なので、インナーと組み合わせやすいのが魅力です。
起毛感のある暖かな見た目と、
まるで上品な猫を撫でているような
しっとりとした滑らかさは、
一度着るとやみつきになります。

着こなしはドンズバなグランジスタイルを
あえて外したいところ。
いつも通りのゆったりしたパーカとパンツに、
ざっくり羽織るようにこのカーディガンを合わせて、
何気なくトレンドを取り入れるくらいが
ちょうどいいと思います。
目立つ柄だからこそ、
他のアイテムは無難に無地でまとめるのがよさそう。
この秋は、存在感のある一枚でシンプルに主張するのが
“ヒップ” です。




Photo / Shinsaku Yasujima
Styling / Yasuka Lee
Hair & Make up / Amano
Text / Yuichiro Tsuji