【NOLLEY'S】人気スタイリスト加藤かすみさんが指南!O'NEIL of DUBLIN今年らしく着こなすには?
2021.09.13
スタイリスト加藤かすみさんが解説!O'NEIL of DUBLIN(オニールオブダブリン)今年らしく着こなすには?
ノーリーズのバイヤー達との対談形式でお届け!

人気女性誌やカタログ、広告などで活躍するスタイリスト加藤かすみさん。ノーリーズとのお仕事は、2020年秋冬のノーリーズマガジン。加藤さんのスタイリングで、オニールのスカートが爆発的大ヒットをし、是非もう一度お仕事を!というノーリーズバイヤーの想いが実現した今回の企画。コラボスカートの販売がいよいよスタート!普段聞けない商品セレクトの裏側や、今年らしく着こなすポイントを教えていただきました。バイヤー達との対談を交えてお届けします。

(向かって左)ショップバイヤー林/(中央)スタイリスト加藤かすみさん/(向かって右)ECバイヤー松葉
【SETION 1】TALK


--今回の加藤さんの生地選びが、いつも選んでいるバイヤーたちの視点とは少し違った、ということなのですが、加藤さんが生地を選ぶ際にこだわったポイントなどあれば教えてください。


加藤「オニールのスカートはカラーにインパクトがあるじゃないですか。1つで主張があるので、あまり主張させすぎず、コーディネイト視点で、なるべく合わせやすく!というのを意識して引き算を心がけたかな。」



林「そこがすごく良かったです。私たちバイヤーだとどうしても、1点に気張っちゃうんですよね。これを華やかにしないと!他にないものを作らなきゃと思ってしまって。でも、スタイリングをしやすく!という考えがスタイリストさんならではだなと思いました。」

加藤「コーディネイトするときに金具とか、ベルトとか、細かい付属アイテムが最終的に、気になってくるんですよね。なので、その色が全体の中でどう活かされるのか、その辺はこだわりました。これを着る人がどんなスタイリングに最終いくのかな?これだったら茶系かな?とか、想像しながら合わせやすいようにしましたね。」




加藤「チェックの場合、コーディネイトをする時ってベーシックカラーとかキーカラーとか、どこかの色を拾って合わせていくと思うんですけど、その時に正解が導きやすいようにとは考えましたね。家に帰って、スイリングがしやすい方が絶対いい!と。」

松葉「色選びの際に、加藤さんがこの色はカレッジスエットと合わせたいね、とかポロっとコーディネイトをつぶやいてくださったので、イメージがしやすくて、こう着たら絶対可愛い!という売れそうなイメージができましたね。その組み合わせでおすすめしたくて普段ノーリーズにはあまりないカジュアルなアイテムも仕入れました、笑。」






--仕上がりを見てどうですか?ズバリ、好きな色や売れそうな色は??

加藤「どれも素敵に仕上がりましたが、個人的にはオレンジが好きです。あ、あと、黄色の子も可愛い!」

松葉「確かに、黄色は売れそうですよね〜。新鮮な色だし、緑のキーカラーも入ってるし、ベージュっぽい感じで使えるから、柔らかい感じが好きな人にも反応が良さそう。」




林「カジュアルすぎたり派手すぎるよりは、紺ベースとか青ベースとかがノーリーズのお客様には今まで好まれる傾向でしたね。でも、今年はこのイエローがお客様にハマりそう!売れそう!と私も思います。」

松葉「イエローは、オニールの生地の中でも新しい色で新鮮ですよね。」

林「トラッドになりすぎるより、女性らしさがある方がノーリーズのお客様には反応がいいんでしょうね。そういう意味ではピンク系も初めてなのですが、人気がありそうかなと思いました。」






--加藤さんにとって今回初めてのトリプルコラボということですが、ノーリーズだからこそ意識したことなどはありますか?

加藤「ノーリーズのお客様の品がある印象を大切にしつつ、そうはいってもいつもと違う引っ掛かりがあった方がいいなと思って。なので、少し派手めな色も入れて、ちょっとした癖が出たら面白いかなと思いました。でも店頭に並んでいても違和感がないように。ノーリーズさんのベーシックで綺麗な色のニット中にもすっと入り込める感じかな。」
【SETION 2】 STYLING

STYLE 01
最高に可愛いTシャツをポイントに
スカートのニュアンスカラーを拾った
ベージュトーンのスタイル




--スタイリングのポイントは?

加藤「スカートのニュアンスカラーを拾いたくて、ベージュトーンで組みたい!と見たときにパッと思いました。レイヤードしたり、少し外しのアイテムを入れるのが、今っぽく着こなすポイントです。この恐竜Tシャツも最高に可愛い!ただ、バッグやシューズは上品に。小物までカジュアルにするとテイストがカジュアルに持っていかれちゃうので。大人っぽく着こなすには小物遣いが重要です。」



スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/トレンチコート(NOLLEY'S)¥35,200/ダブルボタンジャケット(NOLLEY'S)¥23,100/ダイナソーTシャツ(Rie miller)¥8,580/ファーバッグ(VIOLAd'ORO)¥19,800/ロングブーツ(MARIAN)¥35,200
STYLE 02
シンプルなモノトーンは
白のベルトをポイントに
スポーティーMIXが気分




--スタイリングのポイントは?

加藤「柄は定番っぽいシンプルなモノトーンですが、白いベルトが可愛いのでカラーを拾って組みました。今年らしく、スポーティー系に。あんまりやりすぎると品や女性らしさがなくなってしまうので、程よく。ミニバックやサブバッグで、今のリアル感も演出しつつ、実用的ながらおしゃれに楽しめるように。あとはカラーもポイント。TAIONのダウンはカーキだけど白っぽくて上品な色だし、モノトーンと合わせた時にすっきり馴染むのが素敵です。」



スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/キルティングダウン(TAION×NOLLEY'S)¥15,400/ニットパーカー(NOLLEY'S)¥14,080/サイドゴアブーツ(ESCARLATA)¥31,900/スマホポシェットウォレット(VIOLAd'ORO)¥15,400/プリーツニットトートバッグ(NOLLEY'S)¥5,280
STYLE 03
インパクトカラーのスカートを主役に
スカーフで小技を効かせて




--スタイリングのポイントは?

加藤「オレンジをポイントにしたかったので、袖と裾のネオンカラーのオレンジが可愛いニットを選びました。全体の色は抑えてトーンを合わせることで、上品さが出せます。ただ、少しさみしいかなと思ったので、スカーフをポイントにしました。今年は襟レイヤードがトレンドなので、タートルを入れたりするのもいいですよね。ここにスカーフをつけるだけでちょっと今っぽくなります。基本的にはシンプルが好きなので、自分が着るならこのスタイリングかな?と思います。」




スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/ケーブルニット(OLDDERBY KNITWEAR)¥16,280/ファーチェーンポシェット(Lisa Conte)¥12,100/ロングブーツ(FABIO RUSCONI)¥52,800
STYLE 04
やっぱり素敵な王道綺麗めスタイルは
小物の色づかいがポイント




--スタイリングのポイントは?

加藤「キレイなブルーを主役にした王道のキレイめスタイルです。シンプルだけど、カーディガンがパールボタンなので、ポイントになります。王道スタイルの時は、ついつい小物をブラックをにまとめちゃいがちですが、グレージュの小物で合わせるとグッと垢抜けて、品よくなります。」




スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/パールボタンカーディガン(NOLLEY'S)¥13,200/ハイネックニット(NOLLEY'S)¥10,780/ライダースジャケット(NOLLEY'S sophi)¥28,600/バッグ(MARCO MASI)¥17,600/ロングブーツ(REMME)¥29,700
STYLE 05
パープルのワントーンコーデは
つけ襟で遊び心を




--スタイリングのポイントは?

加藤「つけ襟とカレッジスウェットで、今年らしさたっぷりに仕上げました。レイヤードは春からのトレンドですが、スウェットやニットで重ね着ができるので、冬にやるのが実は一番しっくりくると思います。ワントーンコーデもなじみが出てきて上手に取り入れる方が増えているので、カラーを変えてみたり、レイヤードで遊び心を加えたりして楽しんでほしいですね。」




スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/カレッジスウェット(GOOD ROCK SPEED)¥9,350/レース襟付ブラウス(NOLLEY'S)¥16,500/ミニトート(LAURA DI MAGGIO)¥18,700/ラウンドヒールショートブーツ(LAURA DI MAGGIO)¥24,200
STYLE 06
テーマは色遊び、自分も
周りの人も元気になれちゃう
インパクトカラーが楽しい




--スタイリングのポイントは?

加藤「このピンクはシックにまとめてもいいけれど、派手色の持っている元気なパワーを色遊びとして、少し癖のあるコーディネイトを組んでみました。私自身も派手な服を着てる人が街にいると、なんか目がいって元気が出ることがあるので、人に元気を与えるスタイルかなと思います、笑。」



スカート(O'NEIL of DUBLIN×KASUMI KATO×NOLLEY'S)¥25,080/DOGニット(NOLLEY'S)¥15,400/パールボタンシャツ(NOLLEY'S)¥9,900/ミニポシェット(AULENTI)¥7,590/ロングブーツ(MARIAN)¥35,200


関連商品