【FREDY&GLOSTER】GISELe×FREDY&GLOSTER -vol.3- Knit collection
2021.11.18


PLAN NEXT ISSUE
「シンプルをデザインする」

次なるシーズンのワードローブとして加えたいのは、
スタイリングの幅を広げてくれる
ベーシック以上のアイテム。
考えなくてもサマになる、
ラクしてキレイが簡単に叶う。
シンプルが好きな人を想定した、
3つのアプローチでスタイル設計。

Vol.3
「カラーニットでそれなり以上」

強い色をやさしく見せる、ニットだけの独特の風合い。
さらにシンプルなデザインであることを味方につければ、
印象的な色も臆することなくワードローブに手札に加えられる。
ダークカラーにとらわれがちな冬に、
今着ている服を「これから」へと
アップデートするカラーニットの使い方を
素材や色みの微差まで掘り下げて検証します。
COLOR KNIT_01

"切れ味をもたらすドラマティックな赤"




鮮烈な赤の持つ、
目を奪われるような
衝動的な女性らしさは言わずもがな。
ワッフルニットゆえのカジュアルな表情で
親近感を持たせつつ、
鋭いVネックでシャープに見せるという
1枚で多彩なデザイン。
インディゴブルーのデニムとの
コントラストも美しい。



HAMILTON ワッフルMIXプルオーバーニット


ふっくらと心地いいHAMILTON WOOLを、
ワッフル編みで仕上げたボリューミィなシルエット。
ドロップショルダーのリラックス感も、
切れのあるVネックのおかげでとぎすまされた印象に。


KNIT_¥11,880(taxin) BUY
PANTS_¥9,350(taxin) BUY
SHOES_¥18,700(taxin) BUY
COLOR KNIT_02

"違う素材でニュアンスカラー"




白やグレー、ベージュなど、
ニュアンスカラーのワントーンに注目が集まる今季。
あいまいな色味のニットはワードローブに加えたい。
やや白っぽいフロスティなグレーの延長のように、
アイボリーのパンツを合わせてなだらかな配色を形成。
肩まわりに入ったラベンダーのステッチや
対照的な質感のパンツで、
マイルドな色味がぼやけないよう抑揚をつけて。




ハンドステッチ タートルネックニット


単調になりがちな冬のニットスタイルに、
ほどよい飾りを加えてくれる
肩・脇・そで口のハンドステッチがポイント。
ふわふわとした毛50%の素材は、
包み込まれるような心地よさ。

KNIT_7,920(taxin) BUY
PANTS_¥10,780(taxin) BUY
BAG_¥6,490(taxin) BUY
COLOR KNIT_03

"白で逃せば高発色も"




難易度が高く感じるニットワンピースのブライトカラーは、
大きく開いたVネックを逆手に取って白Tをレイヤード。
色の強さを落ち着かせつつ、
カジュアルダウンすることでちょうどいいバランスに。
そのままではラフ過ぎてしまう場合、
レザーやファーの黒小物で大人の引き締めを。




深Vネック ニットワンピース


すっきりとした深めのVネックで、
Tシャツやタートルネックなどレイヤードが自由自在。
縦に流れるワイドリブが、
ぼやけがちなニットワンピースをスリムに見せてくれる。
サイドスリット入りで、パンツやブーツを重ねても映える。

KNIT_¥10,780(taxin) BUY
BAG_¥10,780(taxin) BUY
HAT_¥4,400(taxin) BUY
SHOES_¥16,500(taxin) BUY
COLOR KNIT_04

"真逆のテイストであかぬける"




ぬくもりのあるイエローが
ヴィンテージライクな表情を見せるケーブルニット。
ボトムスにはシックなスエードのタイトスカートを合わせて、
ほっこり見せない一計を。逆を言えば、
ニットがコンサバなスカートの緊張感をほぐしてくれるという
相愛関係。
濃厚なブラウンとの配色も、質感のバランスのおかげで上品に。




求心風ケーブルMIXプルオーバーニット


オリジナルの求心柄をケーブル編みで表現し
た大人のための柄ニット。
つまり気味のクルーネックで、
ややメンズライクな印象も。
ほどよく厚みがあり、もちもちとした手触りが特徴。

KNIT_¥9,900(taxin) BUY
SKIRT_¥8,80(taxin) BUY
SHOES_¥10,560(taxin) BUY



STAFF
photograph:Yuuki Igarashi[TRON]
styling:Keiko Watanabe[KIND]
hair&make-up:Mai Ozawa [mod’s hair]
model:Rebecca